日々コツコツと積みかせねで健康キープ

中高年のみなさん、筋トレしないと早死にするわよ

病気やケガでダウンしてしまいました・・・。
医療技術の発達していない昔は、それが命の危機に直結していました。
でもワタシ達には、薬に頼らなくても自分自身で不調を治そうとする力が
あります。
いわゆる自然治癒という力です。
この自然治癒力を高める免疫系の旺盛さや脆弱さは、各人それぞれが持つ命の
底力に左右されます。
命の底力はあればあるほどいい・・・とは、万人が思うところです。
じつはカラダに備わっているとても身近なモノに、命の底力は宿っていました。
それはズバリ「筋肉」!
カラダを動かすために必要なあの筋肉が、命の下支えをするのです。
生命のピンチの時、筋肉は献身的に、まさしく「身を削り」ます。
病気やケガをすると、カラダは筋肉の分解を始めます。
筋肉を分解すると放出されるのが、グルタミンというアミノ酸の一種です。
ちなみに、うまみ成分のグルタミン酸とは、ぜんぜん別ものですのでお間違い
なく・・・。

グルタミンは免疫をつかさどるリンパ球の栄養分となります。
筋肉から供給されるグルタミンを糧にリンパ球がどんどん増えます。
そうして免疫力がぐぐっとアップし、病気やケガに立ち向かうことができる
のです。
ということは・・・筋肉をしっかり保持しておかないと、生きるか死ぬかの瀬戸際
で踏ん張りがきかない・・・ということになるわけです。
筋トレしないと死を引き寄せてしまいます。
残念ながら筋肉量は老化に伴い減少します。
手っ取り早く筋肉量アップさせるには、お尻や脚の大きな筋肉をきたえるのが
一番です。
中高年の筋トレにはウォーキングが最適です。
カラダの筋肉量をしっかり増やして、命の底力をパワーアップさせましょう。